読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『監禁嬢』 漫画のネタバレや感想のまとめ

河野那歩也作の漫画『監禁嬢』のネタバレや感想をまとめています。『監禁嬢』はまんが王国で配信されている漫画です。

『ジンメン』1話ネタバレ「異変」

『ジンメン』1話ネタバレ「異変」

第1話『異変』(ジンメンの1巻に収録)

以下は、ネタバレになります。内容を知りたくない方はお控えください。

 

100種類以上の動物が住んでいる「不二サファリワールド」。


キリンやゾウなど、有名な動物から、珍しいものまでいるのです。

その人気動物園で、飼育員に絡んでいる一人の青年。

「お客様を通すわけにはいきません。危険ですのでお下がりください!」

「ハナヨ(象)は友達なんだよ!」


神宮マサト(16)は、

一般人なのにゾウの飼育部屋に入ろうとしている。


そこへ、中田さんという人が現れるのです。

彼は、不二サファリワールドの飼育員で、マサトとは知り合い。


さっそく、小屋の鍵を開けてもらう。

ガチャ


機嫌が悪いハナヨのところへ向かい、鼻をなでなで。


7年ぶりに会ったとはいえ、
覚えていてくれたのです。


実はマサト、ハナヨに限らず、動物に好かれやすい体質。

ほとんどの動物が、彼には心を開くのです。


特に、むかし来ていた不二サファリワールドでは、顔見知りの動物ばかり。


1度地元を離れた彼ですが、
高校生になったのを期に、
カムバックしてきたのです。


これで毎日のように動物に会えるんだ!

かなり舞い上がっていたマサトですが、

以前よりも雰囲気が変わったことに気付くのです。

なにより、騒がしくなっていて、動物の気性が荒くなっている状態。

この原因は、園長にあるようで、彼が来てから、おかしな方向になっていったのです。


客が満足できれば、それでいいと思っている園長は、

動物の気持ちなど、考えずやりたい放題。


そのせいで、ハナヨや他の物まで不機嫌になっていたのです。

当然、納得いってない中田さんは、園長と対立。

でも、マサトが来てくれたおかげで何かが変わるかもしれないと思い始める。

 

日曜日の朝…

マサトは、好意を寄せているヒトミを誘って、不二サファリワールドでデート。

朝早くない?と文句を言いたそうな彼女をよそに、

園内へ侵入。

まだ始まってもないのに進んでいくと、

いるはずの動物が見当たらないのです。

どこ行っちゃったんだろう?

ウロチョロしていると、

必死に逃げている人が…。

「助けてくれぇ」

そこへ、トラやチーターなどの猛獣が現れるのです。


まるで放し飼いされたような状態で、人に襲いかかっていく。

「ギャアアアア」

とんでもない光景を見て、あわてて逃げるマサトとヒトミ。


信頼できる中田のもとへ急ぐと、彼は気絶していたのです…  


さらに、園長が檻に閉じ込められていて、

中田のことはいいから、俺を助けてくれと頼んでくる…


何をそんなに慌てているの?と思っていたら、

ゾウの鼻で縛り上げられ、 

そのまま…首をもぎ取られる…

「ハナヨ!?」

「ハナヨなのか?」


「ぱおーん」

そこに現れたのは、ジンメン(人面)の顔になったハナヨだったのです。

漫画『ジンメン』を読む

サイト内で『ジンメン』と検索



『ジンメン』1話ネタバレ「異変」の感想

 

ジンメン象とか、衝撃が強すぎです。

ジンメン犬でも、なかなかのインパクトなのに、

体も顔の大きさも違うゾウは、目の前で見たら腰を抜かしそうです。

次回の『ジンメン』では、ゾウとのスリルな展開が期待できそうです。 

漫画『ジンメン』を読む

ジンメンと入力すれば、スムーズに読めます