読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『監禁嬢』 漫画のネタバレや感想のまとめ

河野那歩也作の漫画『監禁嬢』のネタバレや感想をまとめています。『監禁嬢』はまんが王国で配信されている漫画です。

『美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女』1話「泥棒女」前半ネタバレ

『美醜の大地』第1話「泥棒女」前半ネタバレ

「さぁハナ」

「生まれ変わったあなたとの対面よ」

顔の全パーツを整形した市村ハナ。

巻かれた包帯を振りほどくと、超美人な女性になっていたのです。

ー整形前ー

身売りで稼いだお金で、整形をお願いするハナ。

彼女は、イジメを受けるほど醜い顔なのです。

「私の顔を美しく整形してください」

と美形の医者(男)にお願いする。

「なんで顔を変えたいのか」動機を尋ねると、

ハナは、過去の事を話すのです、

樺太(からふと)に産まれた市村ハナは、

醜い顔のせいで、ずっとイジメを受けてきたのです。

学校でもターゲットにされ、

ミミズ弁当を食べさせられるなど、ひどい状況。

彼女をイジメるリーダーは、「高嶋津絢子」という女生徒。

高嶋は、美人で品のあるお嬢様なのです。

彼女がイジメを指示しては、手下がハナに危害を加える。

そんな毎日が続いたのです。

罪悪感など、かけらも無く、日に日にイジメはエスカレート。

ときには、先生に襲われそうになる出来事もあったのです。

「おまえは、不細工だが体つきはいいからなぁ」

「やめてください……!」

なんでこんな目に遭わなきゃいけないのと、精神的にも追い込まれていくのです。

それでも、女手1つで育ててくれた母のために通い続けるのです。

とても健気で、良い子なのですが、

悪魔のような高嶋たちに、さらに追い込まれていくのです。

数日後、ハナのカバンから、先生や生徒の私物が発見される。

「これはどういうことだ!?」

「お前が盗んだんだろう?」

と、先生にあらぬ疑いをかけられるのてす。

当然そんなことはやっていないので、必死に違うと言い張っていると、

遠くでイジメグループがニヤニヤ笑っている…。

ここでハナは、暴露するのです。

「私、あの人たちにイジメられているんです…だから…」

「これは私がやったことではありません。あの人たちが!!」

高嶋の方を向いて、はっきり言うと、

「他人のせいにするな!!」

と先生に殴られるのです。

貴様の心は、その顔面と同様醜くゆがんでいる!とまで言われ、

退学処分に…。

親にだけは迷惑をかけたくない…その一心でイジメに耐えてきたのに…

悔しくて苦しいけれど、どうにもできず。

その頃、終戦を迎えた樺太は、ソ連領となったので、

追い出されるように空襲を受ける。

母と弟とハナの3人家族は、北海道へ向かうため、船に乗り込むのです。

命だけは無事助かり、安心するハナですが、

そこには、イジメグループの姿が。

「みんな見て」

「泥棒が入ってきたわ」

大切な私物が盗まれては困ると、周りも警戒するのです。

「出ていけっ盗っ人!」

結局、船からは追い出され、家族3人だけ取り残されるのです。

ごめんね。私のせいで…

翌日、違う船に乗る事ができたハナは、

違う場所で、強く生きていこうと誓うのです。

しかし、ここでも更なる悲劇が…。

「許さない…」

「絶対に許さない」

「必ず…」

「必ず復讐してやる!!」

『美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女』立ち読み


≫『美醜の大地』無料立ち読み≪

『美醜の大地』(びしゅうの)で検索

『美醜の大地~復讐のために顔を捨てた女』漫画ネタバレ・無料立ち読み