読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『監禁嬢』 漫画のネタバレや感想のまとめ

河野那歩也作の漫画『監禁嬢』のネタバレや感想をまとめています。『監禁嬢』はまんが王国で配信されている漫画です。

「辱(にく)/窪茶」1話「誘」ネタバレ!グロとエロとハーレム?そして…

エロ スマホ ダウンロード ネタバレ 感想 漫画 窪茶 無料
『辱(にく)/窪茶』1話「誘」ネタバレ

オカルト研究部の公平と、

中田竜司と郷田の3人は、

東北のとある村へ、心霊ツアーに来ていたのです。
リーダー的な中田竜司は、自由な性格で、

郷田は、マイペースなおデブちゃん、

そして、公平は何でもカメラに収めたがるメガネ青年。

マグロの解体ショーですら、興奮しているのです。

そんなユカイな3人ですが、

思っていたよりもシケタ旅行だと言って、

リーダーの竜司だけテンションが落ちていたのです。
このままでは、割りに合わないと言って、どこかへ向かう。

たどり着いた先は、秘湯と言われる「混浴の露天風呂」。

そこには若い女の子が集まるそうで、ワクワク気分でお湯につかる。

そこへ、一人の女性が現れるのです。

「あら、めずらしい」

「ずい分と若い坊や達がいるのねぇ」

タオル1枚を手に、セクシーな子が入ってくるのです。

すっかりデレデレな竜司とは対照的に、

女性の体を見ないようにそっぽを向いてる公平。

そんなの興味ないですという素振りを見せると、

「あらぁ、あなたも」

「こういうの嫌いじゃないのよね」と、近寄ってくるのです。
面白い何かを探してると竜司が話すと、
女性は、良いところを紹介してあげよっか♪と

不敵な笑みを浮かべて、誘うのです。

彼女の可愛さに、連れるように3人は村へ。

正体不明の女に謎の村に誘われ、信用ならないと思っていたのですが、

竜司と公平は、オカルト研究部の血が騒ぐのです。

地図にも載っていない謎の村へ着いた3人。

途中不気味な仮面を見つけて恐くなる郷田。

やっぱり止めようとなるのですが、竜司の強引なノリで、村の入り口へ。
この村は、閉鎖的で不気味な雰囲気が漂っているのです。
やはり郷田だけは、ただならない空気を感じ取って、拒んでいたのですが、

断りきれずに村の中へ…。

中へはいると、そこには女性ばかり。

「あなた達…」

これは、ハーレム気分…という空気ではなく…ただならない感じがします。

 

辱(にく)で検索すればスムーズに読めます

 

 

『辱(にく)/窪茶』1話「誘」ネタバレ感想

始まりから、ゾクゾク、ドキドキが止まらない漫画「辱(にく)」を読んでの感想を書いています。

0話とはうってかわって、和やかな始まりになっていますが、

今後の展開が気になるようなストーリーになっています。

オカルト研究部に所属する3人

公平と竜司、郷田は、ツアー旅行と称してワイワイやっています。

彼らは東北まで遊びに来ていて、そこで噂されるスポットを回ってきたのですが、

いまいち刺激が足りないと竜司が言ったため、温泉へ向かうのです。

そこは、若い女性が現れるそうで、待ち構えていると、恭子という美少女がタオルを片手に入ってくるのです。
めっちゃ可愛い上に、セクシーな体型なので、それだけでドキドキ。

3人のなかで、わりとチャラい竜司は、まんまとやられ、積極的に行ってます。

これが、辱のヤバい展開の予兆で、ここからとんでもない方向へ向かっていくのです。

グロとホラーとエロが読める辱は、スマホで読めます。

辱(にく)で検索すればスムーズに読めます