読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『監禁嬢』 漫画のネタバレや感想のまとめ

河野那歩也作の漫画『監禁嬢』のネタバレや感想をまとめています。『監禁嬢』はまんが王国で配信されている漫画です。

『監禁嬢』 4話ネタバレ「家路」

『監禁嬢』4話ネタバレ

第4話「家路」(監禁嬢の1巻に収録)

岩野と麻希が、監禁小屋を脱出した瞬間、大爆発。

やっぱりあの女が近くにいるんだ…。

怖くなってその場から逃げ出す。

「早くここから離れよう…」

かけ足で山道を抜けていくと、ようやく電波が入る。

とりあえず警察に電話だ…。

そう思っていると、1通の動画が送られてくるのです。

中身を見てみると、先ほどの二人のエッチなシーンが流れる。

「やられた…」

この動画の送り主は監禁嬢で、口封じのため。

警察に言えば、マズイ事になる。

結局二人は通報せず、タクシーを呼んで家に帰るのです。

岩野は、奥さんに電話をかけ、無事だと伝える。

「てか帰っちゃうんだ…」

「今夜ぐらい一緒にいてくれてもいいのにさぁ~」

そう言って麻希は、寄り添ってくる。

ちょっとこんなところで、マズイって…

大胆な彼女をあわてて止めるものの、帰り際にキスされる。
  
監禁されてから、いろいろな事があったが、

ようやく、自宅に着いた岩野。

奥さんが泣きながら抱きついてくる。

「ヒロちゃんのバカ…」

「何しとったんやドアホ…」

「…でもとりあえず」

「おかえり」

本気で心配させたので、すまなかったと謝る。  

「あっヒワは?」

全然顔を見ていなかった娘に会いたがっていると、声が聞こえる。

「あぅ~~」

すると、娘を抱えた一人の女が現れるのです。

その女は、なんと、

監禁嬢のカコだったのです。

顔が真っ青になり、変な汗が出てくる岩野。

なんでウチに!?

「はじめまして」

「加藤カコと言います」

娘をなでながら、不気味な目であいさつ。

やっとヤツからも、監禁からも解放されたと思ったのに…。

休む間もなく、再会するハメになったのです。

『監禁嬢』の無料立ち読みはコチラ

タイトル名を入力すれば、スムーズに読めます

『監禁嬢』4話の感想

とつぜん監禁され、全裸で拘束、それも屈辱的なプレイを受けてきた岩野。

でも、麻希のおかげで、脱出でき命は助かるのです。

それだけがせめてもの救いだと思っていたのですが、

ここから、さらなる試練が待ち受けていそうです。

すべての展開は、カコのシナリオ通りに動いていて、

最終的には生きてる方が苦痛だと思うほどに追い込まれそうです。

そんな彼には悪いですが、

どんな展開になるのか楽しみで目が離せません

『監禁嬢』4話のラストには、ようやく、逃れられたと思った監禁嬢が、自分の家にいたという、驚きの展開になっています。

まるでホラーのよう。

監禁嬢がときどき見せる不気味な表情もあるので、怖さ倍増です