読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『監禁嬢』 漫画のネタバレや感想のまとめ

河野那歩也作の漫画『監禁嬢』のネタバレや感想をまとめています。『監禁嬢』はまんが王国で配信されている漫画です。

『ジンメン』4話ネタバレ「警察」

ジンメン カトウタカヒロ スマホ ダウンロード ネタバレ 感想 漫画 無料
『ジンメン』4話ネタバレ「警察」

第4話『警察』(ジンメンの1巻に収録)

主人公の神宮マサトと、ヒトミ、

そして飼育員の中田さんの3人で警察へ向かう。


不二サファリワールドにいた化け物たち(ジンメン)が、
園内だけでなく、

外にも拡散しつつあったのです。

そのため、早めに警察に知らせて、 

人々を避難させるのが先決だと考える。


意識を回復させた中田さんにペースを合わせて、地道に移動。


ここでマサトが、彼の腕の包帯ついてたずねる。

 

「例の「なかよし健康診断」で何回か打たれたんだが…」


包帯を取ると、赤くはれて、膨れ上がっていたのです。


不二サファリワールドでは、定期的に「なかよし健康診断」というのを受けるようで、

動物はもちろん、飼育員も受ける必要があったのです。


そのときのワクチンに何かが仕込まれていたようで、


動物たちや飼育員にまで影響を及ぼしていたのです。


以降、動物に異変が起こり
、『ジンメン』という化け物が生まれてしまう。


診断を受けた中田さんにも不気味な模様が付いており、普通ではないのです。


「採血…ワクチン…暴走する動物(ジンメン)…」

「中田さん、もしかして、サファリって…」

 

「利用されてんだろう…」

とつぜん怒りをあらわにする中田。


彼は、動物園の違和感に
初めから気づいていて、

園長に抗議していたのです。


そんな態度が気に入らなかった園長は、

彼を隅へと追いやり、最終的にはクビを宣告。

もう殺意が湧くほどムカついていた中田ですが、


ジンメンのハナヨに園長が殺されているのを聞くと、

「自業自得だな」

「そりゃそうだ。動物もあんな事されて」

「きっと、それは…」

「人間への復讐なんだよ」


と、気持ちを代弁するかのように話すのです。


「動物は犠牲者なんだ…」


本当に動物の事が好きだった彼ですが、


ジンメンになった彼らから、

裏切りとも呼べる展開が待っているとは知るはずもなかったのです。

 

中田と同意見のマサトも、動物を救いたい!


その思いで、やれる事をやっていくつもりなのです。


まずは、警察にジンメンの存在を知らせて、被害を食い止めること。


ようやく警察に着いた彼らですが、


あたりはもぬけの殻。


建物は荒らされていて、マトモな状態では無いのです。


とりあえず署内へ入り、警官を探すマサト。


ヒトミと中田を外に待機させ
、一人進んでいくのです。


署内は、ジンメンに荒らされたような形跡があり、

まだ居残りが出てくるかもしれない…


慎重に奥へ進んでいくと、

一人の警官がいたのです。

良かった!警官がいた。


さっそく、状況を伝えようと思った瞬間、、


一体のジンメンが現れたのです。
 

「死ねっ!」

 

「待って!打つな!」


パァアアン


ジンメンは、ピストルの弾を避けて、

そのまま猛突進!

 

『ジンメン』の無料立ち読み

フリーワードに『ジンメン』と検索