読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『監禁嬢』 漫画のネタバレや感想のまとめ

河野那歩也作の漫画『監禁嬢』のネタバレや感想をまとめています。『監禁嬢』はまんが王国で配信されている漫画です。

『金魚妻/黒澤R』漫画のネタバレ感想まとめ!無料画像やスマホで立ち読みできます♪

金魚妻 エロ ダウンロード スマホ ネタバレ 感想 漫画 無料 黒澤R
『金魚妻/黒澤R』漫画のネタバレ感想まとめ!無料立ち読み♪

『金魚妻/黒澤R』
金魚妻


『復讐の未亡人』や『相姦の赤い河岸』の作者 黒澤Rさんの新作漫画が出ました♪

タイトルは『金魚妻』です。

『金魚妻』のテーマは、

禁断の不倫愛…。

一般漫画なのに、過激で濃厚なシーンは見どころです!

2017年に発売の新着漫画♪
黒澤Rの『金魚妻』は1巻完結の作品です。

昼ドラとかで放送されたら、面白いかも…

≫『金魚妻』の立ち読み
(スマホ版)

サイト内で『金魚妻』と検索

 

サイトメニュー
1、『金魚妻/黒澤R』漫画のストーリー

2、各話の収録タイトル

3、『金魚妻』のあらすじ

4、スマホで安全に読めるサイト

5、『金魚妻/黒澤R』を読んでの感想

 

 

『金魚妻/黒澤R』漫画のストーリー


 夫に浮気されている24歳の美人妻が、

金魚店のオジサン店長と禁断の肉体関係へ発展。


夫と違って、優しくて、かまってくれるから、
身も心も捧げてしまうのです。

スタイルも顔もカワイイ人妻が、さえないオジサンと○○○するエロシーンはドキドキします(・・;)

一方的に攻められてイ○てるシーンはエッチぃです…。


一般漫画とは思えないほどのエロさを、あなたの目で確かめてみてくださいね。

 

1巻完結の『金魚妻』は、スマホ専用サイト「ハンディコミック」で読めますよ(^-^)/

 

≫『金魚妻』の本編はコチラ


金魚妻と入力すれば、スムーズに読めます

 

『金魚妻/黒澤R』 収録タイトル


『金魚妻』第1巻(完結)

1話『金魚妻』

2話『出前妻』

3話『弁当妻』

4話『見舞妻』


黒澤Rの『金魚妻』は、1巻完結の漫画です。なお、4つのストーリーが収録されています。どれも不倫がテーマの禁断愛。なかなかエロくて濃厚なシーンがあります。最初から最後までドキドキです。

 

 

『金魚妻/黒澤R』漫画のあらすじ


ここからは、漫画『金魚妻』のあらすじをご紹介します。

ネタバレ含みますので、NGな方はお控えくださいね。


24歳の美人妻「平賀さくら」は、夫と二人で生活中。

まだ結婚したばかりの新婚夫婦に見えるが、

お互いの関係はギクシャク状態…。

特に、夫の態度がでかく、働いている俺の方が偉いんだ!
と威圧的。

さくらの気持ちなんて全く考えていないのです。


それに加えて、他の女性と不倫関係にあった夫…。


当然、彼の態度に不満を持っていたのですが、

夫婦関係を壊さないように、彼女は耐えていたのです。


そんな健気なさくらは、夫の了解を得て、金魚を飼う事に決める。


さっそく、金魚店へ。

「いらっしゃい」

とても優しそうなオジサン店長が出迎えてくれるのです。


店には、いろいろな種類の金魚がいて、さくらも大盛り上がり。


店長の人柄や、居心地のいい雰囲気が気に入ったさくらは、毎日通い詰めるように。


次第に、話を聞いてくれるオジサン店長に心が傾いていったのです。


ある日、夫の一方的な言いがかりで家を追い出されたさくらは、金魚店の店長の元へ。


金魚が飼えなくなったからと、水槽を返そうとすると…

 

「あの、」

「もうちょっと」

「ここにいていいですか?」

 

そしてついに、

美人妻は禁断の一線を越えるのです

「はぁ…っ」


「はあぁっ」

「あああぁ…」

『金魚妻』では、一般漫画とは思えないシーンが出てくるので注意です!

≫『『金魚妻』の続きはコチラ


『金魚妻』と入力すれば、スムーズに読めます

 漫画『金魚妻』の立ち読みやダウンロード可

 

『金魚妻/黒澤R』は、ハンディコミックで配信中の漫画

 

黒澤Rの2017年の新作『金魚妻』は、公式サイトハンディコミックでダウンロードできる漫画です。

こちらのサイトは、スマホ専用となっています。

そして『金魚妻』は、ダウンロード漫画となっているので、


興味がある方は、ヤフーやグーグルから行ってみてくださいね。

もちろん、このページからも直接アクセスできるので、良かったらそちらからもどうぞ。


ハンディコミックに着いたらフリーワード欄があります。

そこに『金魚妻』と検索♪

あとは、『金魚妻』の立ち読みかダウンロードかを選べます。

まずは、どんなストーリーなのか立ち読みでご覧になってみてください。


『金魚妻/黒澤R』はダウンロード可能です。

検索窓に『金魚妻』と入力

 

『金魚妻/黒澤R』漫画の感想を書いてみた

 

不倫愛がテーマの『金魚妻』感想をかきます。

漫画の作者は、黒澤Rさんなので、やっぱり『金魚妻』もエロかったです。


そもそも、黒澤Rって誰?って人がいるかもしれませんが、

彼は、大ヒット漫画『復讐の未亡人』や『相姦の赤い河岸』を描いた方です。

どちらも、過激で濃厚なシーンが出てくる作品で、
『金魚妻』のようなストーリーが楽しめます。


どの漫画も読みましたが、

今回の『金魚妻』は、描写やエロさなどがより濃密になっています。本当に一般漫画でいいの?と思うほど攻め込んでいる過激さです。
そこの部分は、一般向けだろうが手加減ないみたい。


『金魚妻』では、一部のオトナ漫画に見られるような露骨なシーンではなく、

程よいエロさなので、ドキドキ感と焦らされてるような気分になります。

そこに、不倫愛という禁断の関係が絡んでくるから、リアリティが増すんです。

『金魚妻』の世界観は作り話ですが、現実にのどこかで起こってるじゃないのかな?と思うほど。
昼ドラとかで『金魚妻』が放送されたら、絶対ブームになる予感。
少なくともマイブームだけは起こりそう…

『金魚妻』は、主に4つのストーリーで構成されていて、

まず最初は平賀さくらという女性から始まります。表紙に映ってる人です。

彼女もそうですが、『金魚妻』に登場する人妻が美人です。

ただ美人なだけでなく、人妻ならではの色気や、フェロモンが出ているので、男性だけでなく、女性が読んでも、ドキドキできると思います。

私個人的には、金魚妻に出てくる平賀さくらがお気に入りです。

彼女の場合、美人で健気な妻なのに、夫から不倫されているという辛い状況を抱えています。

その哀愁漂う感じが良くて、
守ってあげたくなるような魅力があります。


『不倫』と言う、悪いことをやっているのに、彼女の立場なら許されてもいいんじゃないのかな?なんて思っちゃうんですよね。

それぐらい魅力的なキャラクターなので、金魚妻を読んだ多くの方が平賀さくらにハマるかと思います。

もちろん金魚妻に出てくるのは彼女だけでなく、1話ずつにそれぞれの人妻が現れます。

『金魚妻』では、1巻に4つのエロストーリーが納められていますので、4パターンのシチュエーションで堪能できます。

どのシチュエーションも不倫がテーマとなっているので、金魚妻を全て読み終えた頃には、満足感で満たされると思います。

とても1巻読んだとは思えないほど濃厚にになってますよ。


また、黒澤Rの世界観がたっぷりと詰まっているため、独特な感情にさせられます。

うまく言葉で言い表せないのですが、

切なさや虚しさ、ドキドキ感やゾクゾク感と言った様々な感情が入り交じる感覚です。


これは実際に読んでみないと分からないと思いますので、ぜひ『金魚妻』を手にとって頂きたいです。

『金魚妻』は、無料の立ち読みができるうえ、スマホからすぐにチェックできます。
スマホiPhoneAndroidどちらにも対応していますので、

気軽に『金魚妻』を読んでみては?


≫『金魚妻/黒澤R』
スマホで読んでみる

『金魚妻』で検索♪

 

『金魚妻』は、1巻で完結の漫画です。


『金魚妻/黒澤R』 各話のあらすじ


『金魚妻』第1巻

1話『金魚妻』

登場キャラ『金魚妻』
①平賀さくら、②金魚店の店長、③ゲスってる不倫夫

簡単なあらすじ
📚夫に不倫されているさくら(24)は、夫婦関係を壊さないために見て見ぬふりをしていた。夫は態度もでかく、俺の方が偉いんだという態度。さくらは、誰にも相談することができずに抱え込んでいる状態。そんなとき、優しさ溢れるオジサン店長と知り合う。
包み込んでくれるような優しさに心が傾いていった彼女は、気持ちが抑えきれず…

2話『出前妻』

登場キャラ『出前』
①安奈、②五味田、③あつし

📚そば屋の息子「あつし」と結婚している安奈。彼の実家に住んでいるので、羽を伸ばせない状態。そんな彼女が知り合ったのが、お客さんの「五味田」。彼はヒゲ面で、だらしなさそうなタイプ。夫からは、客の家には上がり込むなと言われていたのに…

 

3話『弁当』

職場の上司に、俺を嫁を抱いてみないか?と言われる主人公。かなりシュールな展開ですが、、そこからエロい方向に発展。クスッと笑えるようなシーンがありつつ、クライマックスは、濃厚でハードになります。漫画の中で一番本格的かも…

『金魚妻』のなかで一番好きなストーリー。

4話『見舞』


黒澤Rの『金魚妻』は、1巻完結の漫画です。なお、4つのストーリーが収録されています。どれも不倫がテーマの
禁断愛。なかなかエロくて濃厚なシーンがあります。最初から最後までドキドキです。