読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『監禁嬢』 漫画のネタバレや感想のまとめ

河野那歩也作の漫画『監禁嬢』のネタバレや感想をまとめています。『監禁嬢』はまんが王国で配信されている漫画です。

『声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋』 漫画のネタバレや感想のまとめ

安武わたる作『声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋』 漫画のネタバレや感想のまとめ
『声なきものの唄~
瀬戸内の女郎小屋/安武わたる』

声なきものの唄?瀬戸内の女郎小屋?: (1) (ストーリーな女たち)


『声なきものの唄~』
≫無料立ち読み≪

『声なきものの唄』と入力すれば、スムーズに読めます

サイトメニュー
1、『声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋』漫画のストーリー

2、各話の収録タイトル

3、『声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋』漫画のあらすじ

4、スマホで安全に読めるサイト

5、作品を読んでの感想

 

安武わたる作『声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋』のストーリー

 

両親を亡くした安藤チヌ(14)は、姉のサヨリ(17)と共に、地元を離れ働きに出る。

とても不安だけれど、お姉ちゃんと一緒なら大丈夫!

そう思っていたのですが、

連れてこられた場所は、異様な空気に包まれている…

 

サヨリ姉を見た男たちは、

コイツは上玉だぞ!と言って、

違う部屋へ引きずり出す。

心配になったチヌが、その部屋をのぞくと…


大勢の男の前で、
裸にされているサヨリ


なんとここは、女の競り市場だったのです。


お金で買われたサヨリ姉は、身売り人として、生涯を過ごすことに…

 

そして、一人残されたチヌも、別の男に引き取られるのです…


10代の彼女に起こる
壮絶な展開は、ヘビーです。

 

『声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋』の無料立ち読み
『声なきものの唄』と入力すれば、スムーズに読めます

『声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋~』安武わたる 収録タイトル

 

『声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋』第1巻

1話『女の競り市』

2話『女朗の母性』

3話『東陽楼の姐さん』

4話『弱き者たち』


『声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋』第2巻

5『鬼の棲家

6『知らないお母さん』

7『若様の過去 前編』

8『若様の過去 後編』

 

『声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋』第3巻

 

『声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋』の第3巻は、まんが王国の先行配信です(2017.2.20)




『声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋』安武わたるのあらすじ

主人公の安藤チヌは、海に囲まれた島に住んでいる。


小さい頃から、父親と姉のサヨリに可愛がられて育ってきたのです。

母親は早くに亡くなったが、お姉ちゃんが母親代わりになってくれたので、
寂しくはない様子。


裕福とは言えないけれど、チヌは幸せに生きていたのです。


でも、父親が水難事故に遭い
命を落とす…

チヌとサヨリはまだ10代だというのに…

周りの大人たちの協力もあって、働かせてもらえる場所へ向かうのです。 
  


姉は妹を守るため、
妹は姉の手助けができるよう
二人ずっと一緒でいようと誓うのです。


紹介先へ着くと、そこは男ばかりの場所。

そこで、サヨリ姉が別室へ連れていかれるのです。


服をムリヤリ脱がされた彼女は、
 
競り市にかけられる。

お金で買われた彼女は、男に連れていかれ、妹と離れ離れになる。

早くも生き別れとなったチヌは、違うところへ引き取られる。

そこで下働きすることとなり、毎日必死に過ごす。

どんなシゴキにも耐えてきたチヌは、立派な女性へと成長。


いつか姉と会える日を望んでいたのです。


しかし、さらなる仕打ちがチヌに襲いかかってくる…


『声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋』の本編はコチラ

 

 

『声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋』は、ハンディコミックで配信

 

安武わたるさんによる『声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋』は、ハンディコミックで配信中です。

ここは、スマホ専用の公式サイトで、漫画を電子書籍で読む方にうってつけです。


現在は『声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋』を読むにしても、複数のサイトがあって、

どれがいいのか迷うと思います。

そういう人におすすめなのがハンディコミックなんです。

初心者でも感覚的に分かる操作性に加えて、ほとんどの漫画の立ち読み(無料)、本編の購入など、

漫画を読むための一通りの作業がスマホだけで行えます。

これって想像以上に便利なので、無料の立ち読みで
読みやすさや使いやすさをご確認くださいね。

もちろん、『声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋』の無料立ち読みもありますよ。

ある程度中身が分かるので、良い判断材料となり得ます。

この他にも、スマホ限定の漫画や、紹介タイトルのような
女性漫画が多数揃っていますので、気になる漫画があれば、手当たり次第読むといいですね。

『声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋』の作者、安武わたるの世界観をスマホでご堪能くださいね。

 

安心!ハンディコミックで漫画を読んでみる
『声なきものの唄』と入力すれば読めます

 

『声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋』漫画の感想を書いてみた

 

絶賛配信中の『声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋』は、ハンディコミックとまんが王国にて読むことができる漫画です。

ワタシが実際に『声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋』を読んで思ったのは、

えげつなくて重たい内容です。


両親を亡くした10代の娘たちが、身を売って生活することを強いられるのは気分が重たくなります。


拒否する権利すら与えてもらえずに、体を好き勝手されるシーンが出てきたり、

それやり過ぎなんじゃないの?といった仕打ちが、『声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋』でたくさん出てきます。

なので、女性が無理矢理××されるのに抵抗がある方には、おすすめできない漫画です。


『声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋』があくまで、フィクションとはいえ、

当時の日本で
本当にあったようなので、現実味を帯びています。


たとえば、公婦(こうふ)と言うのが国で認めていられたようで、

これは、女性の体が公に売られる事を意味します。

そのせいで、サヨリ姉は、好きでもない男に抱かれるという悲劇が起こるのです。

とはいっても、一般の女性漫画ですから、露骨なエロ描写は出てきません。
裸やセッ○スの描写が出てきますが、どれも男が一方的で、女性側が苦痛を伴うような展開となっています。

好きでもない相手に無理やりされて、
痛がるシーンは、気分が悪くなるかもです。


今後の『声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋』では、もっと大胆なエロ描写が出てくるかもしれません。

また、1巻の中盤で、王子様のような人と出会うので、彼とチヌの声が発展するのかどうかも要チェックですよ。


現代では、考えられないような描写が『声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋』に描かれていますので、
カルチャーショックになります。

時代背景は、古いのですが、それによって漫画の世界観に引き込まれるのもポイントです。

『声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋』ならではの面白さや奥深さが盛り込まれているので、ぜひ読んでもらいたい漫画です。

スマホから読めますので、いつでも気軽にご覧になってくださいね。 

配信先は、公式のハンディコミックとなります。

安心に漫画が読める有名サイトなので、

『声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋』や、女性向け漫画をスマホでチェック!


『声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋』スマホで読む

『声なきものの唄』と検索すればすぐに読めます!


『声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋』登場人物
 

 安藤チヌ

本作『声なきものの唄~瀬戸内の女郎小屋』の主人公。年齢があがるにつれて、壮絶な人生を送ることとなる。

サヨリ

たった17で、身売り人にさせられる。消息は不明。
責任感が強く、優しい人物だったが…


瀬島

女の競り市でサヨリを落とす。
態度のでかい人物。


須賀屋

チヌを引き取った男。